• ホーム
  • Q&A
  • 【ハイロー公式Q&A】HIGH&LOWオプションとは何ですか?

ハイローオーストラリア【ハイロー公式Q&A】HIGH&LOWオプションとは何ですか?

ハイローオーストラリアの公式サイトにあるQ&Aを分かりやすく解説してほしいという意見が届いているので、シリーズ化して解説しています。

Q:HIGH&LOWオプションとは何ですか?

公式サイトにおける説明文

仲値について

仲値とは通常、TTM(TelegraphicTransferMiddleRate)のことを指します。TTS(電信売相場)とTTB(電信買相場)の中間値を意味しています。リアルタイムに変動するインターバンクレート(銀行間市場レート)に対して、TTMは午前10時に決定される固定レートである、顧客市場レートを意味しているため、一見すると固定レートによる取引なのかと勘違いしてしまいそうな表現です。ハイローオーストラリアのトレードでは、固定レートではなくリアルタイムレートが使用されます。ちなみに、カッコ書きで「アットザマネー」とありますが、おそらく誤記ではないでしょうか。(英語ではMiddle Rateです)

正しい意味はおそらくこれ

売値であるBIDレートと、買値であるASKレートの中間レートという意味で使われていると思って間違いありません。いずれにせよ、カッコ書きの「アットザマネー」の表記を「BIDレートとASKレートの中間値」へと変更してくれれば上記2重の混乱は無くなると思います。

ハイローオーストラリアでは

スプレッド無し&ペイアウト倍率1.75倍~1.9倍の「HIGH&LOW」
スプレッド有り&ペイアウト2倍の「スプレッドHIGH&LOW」

の2種類のオプションがあります。説明文の後半部分に、「HIGHLOWのペイアウト倍率は1.75倍から1.9倍です」との記述があることからも、スプレッド無しHIGH&LOWのことを指していることが分かります。スプレッド無しHIGH&LOWでは中値レートを利用することからも、意味的に一致しています。