スタートガイド②【バイナリーオプションの口座開設~出金までを詳しく解説】

バイナリーオプションがどのようなものか理解することによって、株やFXとの違い、安全性やリスクがどこにあるのかが明確になります。既にトレードしているという人も、確認の意味でぜひ一度目を通してみてください。

取引口座を開設します

必要なもの

まずは取引口座を開設します。WEBフォームに必要事項を入力していくのですが、その前に必要なものを全て準備して手元に置いておくとスムーズです。

開設に必要なもの

身分証と郵送物

図のとおり、必要なものはそんなに多くはありませんが、必要書類を揃えるのに数日掛かる人もおられるでしょう。実際に口座開設用のWEBフォームに入力していく前に、全ての書類が規定通りのものか確認しておきましょう。身分証については写真付本人確認書類(4種類のうちのどれか1つ)が指定されています。社員証や学生証、写真付きクレジットカードは身分証として認められていません。また、身分証には有効期限があるので、有効期限内のものか日付を必ず確認しておきます。また、郵送物は現住所確認の目的があり、公的なものが指定されています。友人からの手紙等では受理されないので注意してくださいね。細かいことですが、バイナリーオプション業者にデータが到着する時点において有効期限内の書類である必要があります。通常はフォームアップロードもしくはメール添付で送付することになると思いますので、その時に日本時間で有効期限内であればOKです。電子データなので一瞬で届くとはいえ、実際に審査担当者が目を通すのは2~3日後でしょうから、仮にその時点で書類の有効期限が切れてしまっていたら再送付となることが考えられます。身分証や郵送物として使おうと思っている書類の有効期限には、余裕をもたせておきましょう。

デバイス
デバイスの種類バージョン・スペック
スマートフォン
Android : 2.2以降
iOS : 6.1以降
(iPod touch対応)
タブレット
Android : 2.2以降
iOS : 6.1以降
パソコン
CPU : Pentium 500MHz以上
Javascriptが動作可能なIE,Chrome,safariの各ブラウザ
写真付き身分証
身分証の種類有効期限特記事項
自動車運転免許証
最大5年間
有効期限内のもの。住所は口座開設時の入力内容と一致していること。ただし、裏書きで変更されている場合も可能。運転経歴証明書は今のところ不可。
住民基本台帳カード
発行日より10年間
有効期限内のもの。住所は口座開設時の入力内容と一致していること。
マイナンバーカード
発行日から10回目の誕生日到来まで
未成年の場合は5回目の誕生日到来まで
有効期限内のもの。住所は口座開設時の入力内容と一致していること。
パスポート
発行日から最大10年間
未成年の場合は5年間
有効期限内のもの。住所欄に記入済み、かつ口座開設時の入力内容と一致していること。【住所変更時】旧住所を2重線で消し、欄内に新たな住所を書くことで有効。(外務省HPより)
郵送物
郵送物の種類特記事項
年金定期便、税金、投票のご案内他、国や市区町村から届く郵送物、電気、ガス、水道、固定・携帯電話、インターネット、保険、クレジットカードに関する紙媒体の文書、もしくはダウンロードできるPDF明細
住所は口座開設時の入力内容と一致していること。氏名、現住所、発行会社名が印刷により明記されていること(手書きは不可)。書類がPDFの場合、プリントアウトすること(スクリーンショットは不可)。

書類を撮影する

撮影時の良い例、悪い例

満期というのはすなわち時間制限のことで、オプション1つ1つに満期が存在しています。たとえば15分物は、回号開始時刻(購入可能時刻)から15分で満期となります。満期が訪れると新規で購入できないのはもちろん、保有しているオプションは自動的に処分されます。この満期のことを、判定時刻と呼びます。バイナリーオプションでは60秒から数時間程度までの数種類の中から、自分のトレードスタイルに合わせて購入の都度、自由に選ぶことができます。現物株やFXには満期がありませんから、これらの投資経験がある方にとってはここが一番違うと感じる部分ではないでしょうか。

フォーム入力から審査まで

口座開設全体の流れ図

取引口座への入金

ハイローオーストラリアの入金ページ
入金方法は4種類です。

入金方法の詳細と所要時間

クレジットカード入金

最低:5,000円/最高:200万円(1日あたり)
入金手数料:無料
所要時間:即時
ビザとマスターのみ利用可能です。JCB、アメックスやダイナースは使えないので、その点注意しておいてください。クレジット入金は数秒で反映されるためストレスフリーです。お金がないのに入金できるのはクレジットカード入金だけです。出金時はネッテラーか銀行を選択すると面倒はありませんが、クレジット出金したいときには制限があります。クレジットカードで入金しても出金時は他の出金方法を自由に選べます。ネット上のQ&Aでは「クレジット入金したらクレジット出金一択」とか「他の出金方法を選択しても、クレジット入金分だけは必ずクレジット出金される」というような勘違いした回答が目立ちますが、これは正しくないので注意してください。
ただし、注意事項としては必ず口座名義人のクレジットカードを使ってください。入金時には問題なくても、出金時にトラブルとなり大変面倒なことになります。また、デビットカードやプリペイドカードは使えないとのことです。

Neteller入金

最低:5,000円/最高:200万円(1日あたり)
入金手数料:無料
所要時間:即時
ネッテラー口座を開設済みなら迷わずこれを使います。出金時は手数料1.5%がかかるので、入金はネッテラー、出金は銀行を使うのも良いでしょう。出金手数料がかかっても、即時完了するので安心感が違います。他のバイナリーオプション業者でも使えるのでこの際開設しておくのも良い選択でしょう。

銀行振込

最低:5,000円/最高:1億円(1日あたり)
入金手数料:本人負担
所要時間:12時までの入金は当日15時までに完了、それ以降は翌営業日
宛先は三井住友銀行東京第一支店です。ユーザーごとに口座番号が指定されているので、その口座へ振り込みます。出金時はネッテラーか銀行を選択します。振込時は、カタカナで姓名の間に半角スペースを入れ、名のあとに半角スペースを空けて取引口座の記号番号を追加します。
例:ハイロ ハナコ HL1234

クイック入金

最低:5,000円/最高:200万円(1日あたり)
入金手数料:無料~216円
所要時間:即時
入金について、三井住友銀行は東京第一支店の口座を持っている人のみ無料、それ以外は入金金額によらず一律108円です。イオン銀行は他行宛て扱いで入金金額によらず一律216円です。「クイック出金」は無いので出金時はネッテラーまたは通常の銀行出金から選択します。

さっそく取引をはじめよう

今回は、スプレッドオンデマンド1分物を購入してみましょう。購入ボタンを押してから1分で判定時刻が訪れるので非常に早く勝敗が決まります。

パソコンを使ったトレードの手順

パソコンでの取引には、ウェブサイトを閲覧するときのブラウザを使います。IE、Chrome、Safariのいずれかのブラウザを開き、highlow.netに接続してログインすると図のような画面が表示されています。図中1~6までの計6クリックで購入できます。

スプレッドオンデマンド1分物のUSD/JPYを購入する手順です

スマートフォンを使ったトレードの手順

スマートフォンやタブレットでトレードするには、アプリをダウンロードします。Android、iOSいずれにも対応しています。

ログイン後、スプレッドオンデマンド1分物のAUD/USDを購入してみます
約定後は「購入一覧」からポジションを確認できます

取引口座からの出金

ハイローオーストラリアの出金ページ
出金方法は3種類です

出金方法の詳細と所要時間

クレジットカード出金

最低:10,000円/最高:100万円(1日あたり)
出金手数料:1.5%
所要時間:3日~1週間

入金に使用したクレジットカードに対してのみ手続き可能で、出金可能限度額はクレジットカード入金額が上限となります。複数のクレジットを使って入金した場合は、出金指示額と一致するものが優先され、一致するものが無ければ古いものから入金額を満たすように順次充当されていく形で返金されます。
なお、クレジット出金指示が可能となるのはクレジット入金3日後です。銀行口座には即時返金されず、クレジットカードのオンライン明細に記録されたのち、クレジットカード会社に届け出済み銀行口座へ月締めで返金されます。

Neteller出金

最低:10,000円/最高:100万円(1日あたり)
出金手数料:1.5%
所要時間:即時

銀行振込

最低:10,000円/最高:1億円(1日あたり)
出金手数料:無料
所要時間:12時までの出金指示は翌営業日に、それ以降は翌々営業日午後に着金

バイナリーオプションの始め方まとめ

行き詰まったときの再開設の手順です