FXで勝てない。そんな人にはFX攻略法よりハイローをおすすめ

まず、FXで負けやすい理由のひとつとして、証拠金維持率の低下や逆指値注文の執行によるロスカットの存在が挙げられます。ご存じの通り、FXは少ない資金で最大25倍(国内基準)のレバレッジ取引が可能な証拠金取引です。これは例えば1ドル125円のときに5万円の資金で1万通貨のトレードができることを意味しています。このとき、為替レートが10銭動いたら1000円の損益が発生します。(スプレッドは考慮せず)

FXで勝てないのにはちゃんと原因があった

証拠金維持率低下による段階的なロスカットのイメージ

新たにエントリーができないから、さらに損失を抱えてしまうという悪循環

先程の例で、自分のポジションとは逆向きに動いた場合、1000円の損失となってしまいますよね。問題はここからで、最低証拠金である5万円ちょうどしか口座に入れていなかったら、この時点で資産評価額は49000円となり、もし損切りしたら証拠金不足のためにそれ以降は新規にエントリーができなくなってしまいます。新たにトレードをする(=新たなポジションを持つ)為には、まずは先ほどの損失分である1000円を口座へ入金する必要があるのです。このため損切りを躊躇してしまい、より大きくなる損失を抱えがちになってしまいます。

逆指値を設定してロスカット

このぐらいになったら“もう諦めて決済し、損失を確定しよう”、という水準(為替レート)を決めてあらかじめ設定しておくと、そのレートになった瞬間に自動的に決済してくれる機能が、ストップロス(=逆指値決済)です。このとき設定した為替レートはロスカットライン(=損切り)とも呼ばれます。多くのトレーダーにとって、損失が大きくなりすぎないように逆指値を設定しておくのがセオリーとなっており、最低限の安全策とも言えます。トレーダーが任意で設定するので、いわば任意ロスカットとも呼べます。

証拠金維持率低下による強制決済

いわゆる強制ロスカットです。多くの証券会社、FX業者では50%を割り込んだ瞬間に強制決済されてしまいます。先の例で言えば、資産評価額が25000円を割り込むと強制決済が行われます。どの程度の損失で強制ロスカットされるかの基準は証券会社によりますが、各々最低維持率があらかじめ規約で決められています。みずからロスカットラインを決めて逆指値決済を設定するストップロスと比較して、こちらは証券会社またはFX業者による強制措置であり、もはや避けることはできません。

全ての原因は、資金管理

資金増加プロセスにおけるドローダウンのイメージ

為替レートが自分のポジションと逆向きに動いてしまったとき、上記の3段階を経て、状況は次第に厳しくなっていきます。このような事態になった原因は、そもそも早めに損切りすべきところで躊躇してしまったからに他なりません。そして、損切りできなかったのは、資金管理が甘かったからと言わざるを得ません。

何度もトレードを繰り返す中で、勝ち負けの波による資金の増減が起こります。損失が大きくなったり、負けが続いたときの資金量の落ち込みのことをドローダウン、その最大値のことを最大ドローダウンと呼びます。大きなドローダウンが起こると、FXでは証拠金維持率が低下して強制ロスカットされてしまうことは既に述べましたが、このドローダウンによる証拠金維持率低下を避けるためには、あらかじめ資金に余裕を持たせておくことが必要です。しかしながら、どのタイミングで最大ドローダウンが発生するのか予測することは難しく、これは将来において、過去を振り返ったときに初めて分かることです。このドローダウン・マージンをどのぐらい取るかがFXにおける資金管理であり、トレーダー個々人の技量や経験値に大きく左右される部分でもあります。当然ながら、トレンドやボラティリティによって柔軟に対応すべきところです。

FXにも追証がある!強制ロスカットでも安心できない

ユーロショック時のユーロフラン急騰によりマイナス口座が続出

何年かに一度のサイクルで、必ずと言っていいほど歴史的大暴落が起こります。NY同時多発テロ、リーマンショック、ユーロ危機、東日本大震災…

歴史的出来事(事件・事故・自然災害)というのは、いつ起こるか予測することができません。自然災害はもちろんのこと、人為的なものについても、私たち一般市民にとって事前に知るすべはありませんから、自然災害に類するものとして扱うしかありません。為替急変を招いた最近の出来事に、スイスフランショック(2015年1月15日)が挙げられます。わずか20分の間にユーロ・スイスフランのレートにおいて40%もの急変を引き起こしたこのスイスフランショックは、多くのトレーダーのポジションを強制ロスカットさせました。問題は、強制ロスカット時のレートです。通常は口座資金が証拠金維持率を割り込む瞬間にロスカットされるのですが、あまりにも急激な相場変動によって証券会社やFX業者のシステムが間に合わず、処理が停止したことに加え、システム再開時のレートを自社に有利なものにしたこと、ストップロスを巻き込んだことにより注文が大きく偏ったために、決済時のレートが著しく乖離したのです。

何が起こったかというと、口座資金がゼロになるだけでなくマイナスが発生してしまったのです。つまり追証です。一例をあげると、あるトレーダーが10万通貨の取引をしていたとします。口座資金は最低50万円必要です。この状況でスイスフランショックが起こったらどうなるかシミュレーションしてみたのが次の表です。ポジションは全て1.2000ショート(=売り)、1スイスフランは当時のシステム停止後の再開レートである138.181円とします。

スイスフランショックによる追証額の推定

追証額の推定表(JPYは日本円)
EUR/CHF
約定レート
取引数量 最低証拠金 損益額 差引(追証額)
1.0400 100,000 500,000 JPY -2,210,896 JPY -1,710,896 JPY
1.0000 100,000 500,000 JPY -2,763,620 JPY -2,263,620 JPY
0.8520 100,000 500,000 JPY -4,808,699 JPY -4,308,699 JPY

※どのようなレートで約定するかはFX業者によります。0.8520は報告されている最高値です。また、円換算時のスイスフラン円のレートは、実際には同時に大きく変動しています。あくまで目安と考えてください。

実際にはどのぐらいの損失額?

約定レートにより大きく異なりますが、10万通貨あたり200万円から400万円の追証と推計されます。証拠金取引における追加証拠金の差し入れ期日は翌営業日ですから、これは大変です。直前までユーロスイスフランは安定していたため値動きが少なく、かなり多めのロット100万~1000万通貨の取引をしていた人が多いので、単純にこの10倍から100倍の損失が発生しています。FXにはこのようなリスクが常にあります。

参考までに、FXで追証が掛かったという人たちの声を載せておきます。あくまで掲示板上の投稿ということで全てが本当だとは思っていませんが、状況からするとこれらの中には本当に多額の借金を負った人もいたと思われます。

スイスフランショック時の2ch投資板投稿より引用

プロでも失敗する、FXの難しさ

結論から言うと、FXにおける資金管理は難しいので、うまくできない人は負けやすくなります。早晩、資金がショートして相場からドロップアウトしてしまうことでしょう。また、先の例のように、予測不能な出来事によって、数年掛かって積み上げてきた利益を文字通り1日にして失うリスクも付いてまわります。トレーダーにとって、資金が尽きてトレードできなくなることが一番怖いことです。引き続きトレードできる資金が残りさえすれば、復活は可能なのです。

解決策はバイナリーオプション

バイナリーオプションは、FXとは違って損失が大きくなったり追証が発生することはありません。負けて失うのは購入した分だけです。初心者だけでなく、中級者や上級者へもオススメできるのがバイナリーオプションであり、その中でも現時点ではハイローオーストラリアが一番安全であることには間違いありません。約定、出金等総合的に信頼できるのがその理由ですが、詳細については他のページに任せることにします。

バイナリーオプションぴったり度チェック