highlowで口座開設に失敗したときの対処法③【フォーム入力でエラーになる!編】

主な原因はネット回線と入力内容

口座開設の過程ではウェブサイトの口座開設用ページにある入力フォームに個人情報を入力していきます。このとき、入力しようとしてもエラーになって先に進めないことがあります。このような症状が起きる2大原因は、回線の不安定性と適切でない入力内容です。
少しシステム寄りな話になりますが、ハイローオーストラリアのサイトはJavascriptによる非同期通信を行うことでサーバーとリアルタイムに通信しており、サーバー上のデータベース登録情報と随時照合していることに起因するエラーが存在します。ハイローオーストラリアで使われているプラットフォームはイスラエルのIT会社によって作られていますが、他のバイナリーオプション業者でも同じ会社製(または系列)のものを使用しているところが多いので、開設を予定している人は以下のことを把握しておくと良いと思います。

ネット回線が不安定なとき

スマートフォンやタブレットの通信環境(テザリングも含め)では、接続が不安定になることが多いです。データの送受信をしている途中で接続が途絶えた場合、おそらくは予期しない状況が発生します。データの一部だけが、例えば名前とメールアドレスだけが登録されてしまうようなケースです。通信を再開したとき(特に再読み込み)最初のページが表示されますが、再度同じ情報を入力しようとすると登録済みでエラーになります。こうなるともうその先のステップには進めなくなってしまうのです。

予防策と対処法

電波状況が不安定なところやトンネルに入りそうなときは、安定するまで待ってから「送信」「次へ進む」など通信を開始するボタンを押すようにします。既に先に進めない状況になっているときは、再開設を検討してみてください。
⇒【参考】もう一度最初から口座開設するときにすべきこと

入力内容が不適切なとき

入力すべきところ全部に入力されていないとき、メールアドレスの表記が間違っているとき、電話番号の桁数が間違っているときなどは、自動的にチェックされるようになっており、エラーが修正されるまでは次へ進めなくなっています。もし「既に登録済みの情報です」というようなメッセージが表示されたときは、既に一部のデータがサーバーへ登録されてしまっている可能性が考えられます。

予防策と対処法

エラーが表示されなくなるように修正します。「既に..」のメッセージが表示されたときは最初から開設しなおした方が早いでしょう。